2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XBee WiFiを使ってWebサーバーからファイルを取得する

概要:


XBeeWiFiでHTTP接続を試してみました.

*私はネットの接続手法に関しては素人?です.
 違うという部分があったらご指摘していただけるとありがたいです.


実験環境:


・X-CTU
・XBee WiFi (Ver.102B)


実験:


まず,XBeeWiFiの設定をします.
設定値は以下のようになっています.
・SSID → 任意の値
・Network Type → TCP
・Destination Port → 0x50 (80番ポート:HTTP)
・Source Port → 0x50(80番ポート:HTTP)
・Destination IP Address → 接続先のIP(202.218.219.147)
・Encryption Enable → WPA(TKIP)
・Pass Phrase → 任意の値
*X-CTU内でのポートの入力は16進数です.

では,次にアクセスできるかを確かめてみます.

X-CTUの【Terminal】タブの
【Assenble Pacletw】ボタンを押すと以下のような画面が現れます.
xctu-packet

次に,以下の内容を入力します.

GET /fnetwork/accesstest/at.html HTTP/1.1
Host: www.atmarkit.co.jp
(改行)


このメッセージは,こちらのサイトから頂いて来ました.
HTTP語でWebブラウザとしゃべってみよう

X-CTU【SendData】ボタンを押して,メッセージを送信しみます.
at.html をWebサーバーから取得し,表示することができます.
xctu-response

このようにWebサーバーからデータを取得することができます.
実際に複数のサイトで使用するには,
ATコマンドで接続先のWebサーバーを変更しながら使うことになりそうです.


感想:


次は何を作ってみようか?
天気予報,Twitter,Facebookとか何でもできそうな気がする.
作ることで下のレイヤのことも理解できるので嬉しいですね.


参照サイト:


HTTP語でWebブラウザとしゃべってみよう

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chicklab.blog84.fc2.com/tb.php/42-ef4e3f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (7)
wiiremote (1)
google (1)
回路 (3)
psp (1)
programing (15)
linux (0)
OpenWRT (3)
kinect (1)
Raspberry Pi (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

google adsense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。