2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac で Kinect を動かす

最近、Mac Book Airを買いました。
軽いPCを持つと開発環境を揃えたくなりますよね。

というわけで、開発環境をMacに構築した時のまとめです。

下のサイトからOpenNIとNITEをダウンロード
OpenNI & NITE

次に、Avin SensorKinect をダウンロード
avin2 SensorKinect


git clone git://git.libusb.org/libusb.git
git clone git://github.com/OpenKinect/libfreenect.git
cd libusb
patch -p1 < ../libfreenect/platform/osx/libusb-osx-kinect.diff
./autogen.sh
make
sudo make install
cd ../libfreenect
mkdir build
cd build
cmake ..
make && sudo make install
glview


実行結果はこのようになります。
glview



tar vxf OpenNI-Bin-Dev-MacOSX-v(バージョン).tar.bz2
cd OpenNI-Bin-Dev-MacOSX-v (バージョン)
sudo ./install.sh

tar vxf SensorKinect-Bin-MacOSX-v(バージョン).tar.bz2
cd SensorKinect-Bin-MacOSX-v(バージョン)
sudo ./install.sh

tar vxf nite-bin-macosx-v(バージョン).tar.bz2
cd nite-bin-macosx-v(バージョン)
sudo ./install.sh


サンプルの実行は、

cd OpenNI-Bin-Dev-MacOSX-v == /Samples/Bin/x86-Release
./Sample-NiUserTracker

UserTracker

これだけ簡単に動くと楽しいですよね。
libusb 周りで作業をしないといけないかちょいと疑問ですが、
動いたのでよしとしましょう。

次はKinectをモバブで動かしてみましょうかね。

参考にさせていただいたサイト:
OpenNIがMacで動いた!
Kinect Mac OS X

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chicklab.blog84.fc2.com/tb.php/35-1f2c420e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (7)
wiiremote (1)
google (1)
回路 (3)
psp (1)
programing (15)
linux (0)
OpenWRT (3)
kinect (1)
Raspberry Pi (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

google adsense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。